常識は知っておきましょう!

 

家族葬の常識は知っておきましょう!

 

 

最近、どんどん増えている家族葬、その家族葬にも常識が存在します。

桐ヶ谷斎場の家族葬を例に説明していきます。

 

家族葬のながれは一般葬と同じ

家族葬と一般葬が異なると思っている方がいます。

 

どちらもお通夜と告別式を執り行います。

流れや葬儀の内容はほとんど一緒だと思って問題ありません。

 

家族葬とは遺族と親族のみ?

家族葬の大半は、遺族と親族のみで20名から30名くらいで執り行う事が多いです。

 

しかし、本当に親しかった人が参列する場合も多く、家族葬とは言えない場合がほとんどです。

 

一般の人も参列するのであれば、それはもう一般葬です。

 

一般の人が300人であろうが、1人から10人であろうが、一般の人が参列されたのなら、それは一般葬と厳密には言えます。

 

家族葬は勝手に参列しない

知っている人が亡くなり、家族葬をすると聞いた場合、勝手に参列は遠慮するべきです。

 

家族と親族だけで、ゆっくりと葬儀をしたいと考え、家族葬で行っているのです。

 

招待されてもいないのに、参列するのはやめておきましょう。

 

Sponsord Link