挨拶はしたほうがいい?

 

家族葬でも挨拶はしたほうがいいのでしょうか?

 

 

一般葬の場合は、身内でない参列者がいると思いますので挨拶は不可欠です。

家族葬の場合はどうなのでしょうか?

 

桐ヶ谷斎場の家族葬の場合を例にまとめました。

 

葬儀の挨拶

葬儀の挨拶とは誰がどのタイミングで行うのでしょうか?

 

桐ヶ谷斎場の場合を例に説明します。

 

葬儀の挨拶は家族葬であろうが一般葬であろうが同じです。

 

出棺時の挨拶と、ご収骨後の精進落としのお食事の前の挨拶です。

 

喪主が挨拶を行います。

 

家族葬の場合は省略できる?

家族葬の場合でも一般葬の場合でも、挨拶するタイミングなどは同じです。

 

しかし、家族葬の場合は、参列者もお身内だけである場合が多く、一般の参列者もいないため、喪主の挨拶を省略するケースも最近は増えてきました。

 

喪主様が高齢であったり、本当に家族数名の家族葬であったりという場合に省略する事が多いです。

 

家族、親族で20名以上いる場合でも、省略する事もあります。

 

ご遺族・ご親族のご了承のもとであれば家族葬の場合、省略してもなんの問題もありません。

 

Sponsord Link