通夜の服装は喪服です!

 

通夜の服装は喪服です。

 

 

桐ヶ谷斎場の家族葬や一般葬を例にまとめてみました。

 

通夜の服装は喪服

現在は、通夜の服装は喪服がマナーです。

 

桐ヶ谷斎場の家族葬や一般葬の通夜をみても、喪服でない人はほとんどいません。

 

一昔前は喪服でなくてもよかった?

昔は、通夜の場合、喪服でなくてもよい、と言われていました。

 

それはなぜでしょうか?

 

一昔前までは、通夜は亡くなったその日や、次の日に行われる事が多かったのですが・・・

 

つまり、お通夜があることを当日、聞いたりするのが普通だったのです。

 

ですので、そのまま駆けつける事が多く、喪服を準備できなかったわけです。

 

だから喪服でなくてもよいと考えられていました。

 

現代の通夜までは時間がある・・・

現代では、亡くなってから、お通夜を行うまでに平均で3日くらいかと思います。

 

ですので、事前にお通夜の日程を知ることが可能です。

 

ですので、しっかりと喪服を準備する事が可能ですね。

 

喪に服しているというマナーとして喪服で参列しましょう。

 

喪服でない参列は、白い目で見られます。

 

Sponsord Link