遺族の順位とは?

 

遺族の順位とは、どのような順番なのでしょうか?

 

Sponsord Link

 

遺族の順位とか範囲とかよくわかりませんよね。

 

桐ヶ谷斎場の家族葬や一般葬を例に、遺族の順位をみていきましょう。

 

遺族に明確な決まりは無い

まず遺族に明確なきまりはありません。

 

遺族とは、死亡した人の家族や親族であり、順位や範囲などは決められていないのです。

 

桐ヶ谷斎場の家族葬でみてみると・・・

桐ヶ谷斎場の家族葬でみてみると・・・

 

ご遺族の対象となるのは、本当に家族だけの事が多いですね。

 

たとえば、お父さんとお母さんと子供2人の4人家族だった場合・・・

 

お父さんが亡くなったら、ご遺族とは、お母さんと子供2人だけということです。

 

遺族の意味を広げてみると・・・

たとえばお父さんとお母さんと子供2人の4人家族だった場合・・・

 

お父さんのお母さん、がまだ生きている場合には、お父さんのお母さんも遺族になるのでは・・・?

 

なんて事も考えられますよね。

 

一緒に暮らしている・・・

遺族とはいろんな範囲で考えられるわけですが・・・

 

たとえば、同じ屋根の下で暮らしている方々を遺族とお呼びする場合もありますね。

 

遺族とは時の場合によって、様々な範囲で考えられるのです。

 

桐ヶ谷斎場のぼったくりに注意

桐ヶ谷斎場は、たくさんの方々に利用される、大変便利な斎場です。

 

しかし、1つ使い方を間違えると大変な事になってしまいます。

 

たとえば、サービスの悪い高額葬儀社などに依頼すると、一生後悔するような事になります。

 

現在では、低価格でサービスの良い葬儀社もあります。

 

知っている人だけが、良い葬儀社に出会えるのです。

 

一度見ておいてください。

→これだけ安いとウソかも?驚愕の格安葬儀社!

 

愛する家族がぼったくられないように・・・

桐ヶ谷斎場だけでなく、全国には、たくさんのぼったくり葬儀社がいます。

 

低価格で良い葬儀社がある事を知らない人や・・・

まったく外部の情報を調べない人は・・・

 

高額の葬儀代金を請求されてしまう人が多いのではないでしょうか?

 

たしかに、一般の方々が、低価格で優秀な葬儀社を探す事は難しいかもしれません。

 

しかし、知っているかいないかだけの差なのです。

 

方法を知っていれば、誰でもカンタンに格安で優秀な葬儀社に依頼できるのです。

 

→葬儀を誰でも格安料金にする一番カンタンな方法!

 

Sponsord Link