喪主は長女でもよいのでしょうか?

 

喪主は長女でもよいのでしょうか?

 

Sponsord Link

 

もちろんです。なんの問題もありません。

 

桐ヶ谷斎場の家族葬を例に、長女の喪主についてみていきましょう。

 

喪主が長女

喪主を長女の方が行うのは、なんの問題もありません。

 

長男が喪主という風潮がありますが・・・

 

それも日本らしい男尊女卑の名残ですよね。

 

桐ヶ谷斎場でも女性喪主は増えています

桐ヶ谷斎場でも女性の喪主は増えています。

 

家族葬などの場合は、参列の人数も少ない事もあり、ご長女が喪主をつとめる場合もよく見受けられます。

 

喪主と施主は一緒

桐ヶ谷斎場や東京近郊の葬儀の場合、喪主と施主が同じ場合が多いです。

 

喪主とは葬儀の準備や運営を仕切る人です。

施主とは経済的に葬儀を支える人です。

 

長女の場合、他に嫁いでいる場合は、施主もやらなければならないと考えると、喪主が実はやりづらいのです。

 

つまり、旦那の家に嫁いだのに、喪主をやるとなると実家の施主としてやらなければならない、という場合が多いのです。

 

ですので喪主を長女がやりにくいという事もありますね。

 

喪主は長女で施主は別という場合も

喪主は長女で施主は別の方という場合もあります。

 

たとえば、故人の兄弟などが施主をしてくれる場合もあります。

 

 

葬儀は大変!格安で優秀な葬儀社はここ!見る価値あります!

桐ヶ谷斎場でもどこでも葬儀は費用がかかって大変です。

 

まだまだ、びっくりするほど高額な葬儀社がたくさんありますが・・・

 

しかし、最近では驚くほど低価格で親切な葬儀社もでてきました。

 

そんな葬儀社をうまく選ばない手はありません。

 

葬儀費用が本当に50万安くなる?のも普通です。

 

ぜひ、一度みてください。

ご遺族のためにも高額な葬儀社に依頼してはいけません。

→これだけ安いとウソかも?驚愕の格安葬儀社!

 

あなたの近所の格安葬儀社はコチラ!

誰でも方法さえ知っていたら、近所の格安葬儀社に依頼する事ができます。

 

昔ながらにバカ高い葬儀費用を請求する葬儀社はいまだに本当に多いですよ。

 

知らないだけで、バカ高い葬儀料金を支払うのはアホらしすぎます。

 

ぜひ、知ってほしいのです。

 

ご遺族のためにも、低価格で優秀な葬儀社を事前に調べておきましょう。

 

高額すぎる葬儀社になんか依頼してしまったら、残されたご家族が不幸になります。

 

誰でも低価格で評判が良い葬儀社に依頼できます。

ぜひ、みてください。

→葬儀を誰でも格安料金にする一番カンタンな方法!

 

Sponsord Link