通夜で香典を出さない人っているの?

通夜で香典を出さない人っているのでしょうか?

香典を出さない人は、ほとんどいません。

 

Sponsord Link

 

桐ヶ谷斎場の家族葬や一般の葬儀を例に、説明していきます。

 

香典を出すのが常識

桐ヶ谷斎場では、家族葬でも一般の葬儀でも、お通夜に参列して香典を出さない人は、ほとんどいません。

たとえば夫婦で参列した場合、香典には夫婦連名で書いてもいいのですが、夫の名前だけで書くことは、よくあります。

 

お通夜に参列した以上、出さない人はいないでしょう。

 

議員は出さない?

また区議会議員などは出せない、なんて聞いた事があります。

香典を出さず、お焼香だけきて、帰る議員もいます。

 

しかも、時間がない、とか言って、開式前にお焼香だけして帰る議員。

みなさん、開式まで待って並んで焼香するのに・・・

自分を特別だと勘違いしているようですね。

お香典だって自腹で出せしてください、と言いたいところです。

 

お通夜に来れない人は告別式に

お通夜に参列できなかった人は告別式にお香典を出します。

お通夜に来れない場合は、当然、お通夜にお香典を出せませんので告別式で出しますね。

 

お通夜、告別式のどちらも来れない

お通夜も告別式も両方とも来れない方で、どうしてもお香典を出したい方は・・・

 

葬儀の事前に自宅にお香典を渡しにいく、

または

葬儀の後に自宅にお香典を渡しに行く、

という事もありますね。

 

遠方の方は書留でお香典

遠方の方で葬儀は参列できない。

葬儀の前後でも訪問できない。

そんな方がお香典を書留で送ってくる方もいますね。

 

お香典 まとめ

お香典。

お通夜でも告別式でも、出すのはどちらでもかまいませんが・・・

参列した以上は、お香典を出しましょう。

 

お香典・・・・の最後に、これも重要な事です。

お香典により葬儀について知ったこの機会に・・・

ぜひもう1つ、重要な事を知ってください。

 

葬儀は事前に準備をするだけで、50万とか100万とか安くなります。

絶対に事前の準備をしてください。

 

事前の準備をしないということは葬儀社任せにするということです。

みなさんご存知かと思いますが、葬儀って本当に高いのです。

伝統的な冠婚葬祭の行事であり、値切りづらいし高いのも致し方ないというか 当たり前なのです。

 

しかし、最近、知っている人は格安で優秀な葬儀社がいることを知っています。

その葬儀社に依頼できれば、良い葬儀をできるうえ、かなりの費用が節約できるのです。

 

知っている格安葬儀社

 

知っている人は優秀な格安葬儀社を知っているのです。

知っていれば、スグにでも簡単に、格安葬儀社に依頼する事が出来ます。

 

以下の方法で、格安葬儀を依頼できます。

ぜひ、ご覧ください。

→葬儀を誰でも格安料金にする一番カンタンな方法!

 

時間がなく忙しい方・・・

 

時間がなくて忙しい方は・・・

事前の準備ができないので、高額な請求をされる事になるでしょう。

 

てゆうのは、あまりにもかわいそうです。

以下に専門家にも評判の良い、格安で親切な葬儀社を紹介します。

→これだけ安いとウソかも?驚愕の格安葬儀社!

 

 

Sponsord Link