弔問にお香典は正しい?

弔問にお香典を持って行くのは正しいマナーでしょうか?

家族葬などで葬儀に参列できなかった場合などで・・・

ご自宅に後日、弔問する時の話しですね。

 

Sponsord Link

 

例えば桐ヶ谷斎場の家族葬の後に、弔問する場合についてみていきましょう。

 

桐ヶ谷斎場の家族葬

桐ヶ谷斎場でも、他の葬儀場の場合でもそうかと思いますが、家族葬が終わった後、記帳カードもご遺族にお渡しします。

 

記帳カードとは・・・

葬儀に参列された方の記録として記帳していただくカードで、香典と一緒に受付へ出します。

 

またお香典返しである返礼品も、葬儀後にご自宅に弔問に来られる方用に予備でいくつか、お渡ししておきます。

 

このお香典返しと記帳カードを、葬儀が終わった後に、自宅に弔問に来られる方用にご家族に渡しておきます。

 

弔問時にお香典は問題ありません

弔問時にお香典をお出しする事は問題ありません。

葬儀に参列できなかったのですから、後日にご自宅へご弔問された時にお出しして大丈夫です。

 

だいたいの場合、ご自宅に弔問に伺ったら、まずはお悔やみの挨拶をして、お香典を渡します。

お香典袋は、49日前までは御霊前、49日以降は御仏前となります。

 

49日迄は、だいたいの場合、お骨がまだご自宅に置かれているので、その前でお線香をあげます。

すでに納骨済みでしたら、お仏壇に位牌が移動していますので、お仏壇にお線香をあげます。

 

その後、記帳カードがあれば自分の名前と住所を記帳します。

お香典返しを、帰りにいただく場合が多いです。

 

最後に大事なことを・・・ひとつ・・・

自宅への弔問マナーについて、ご確認いただいたこの機会に・・・

みなさん誰もが対象となる、葬儀における大事な事について・・・1つ・・・・

 

葬儀は事前準備で100万円安くなることもあります。

事前準備をするのとしないのとでは、驚くほど費用に差が出ます。

 

誰もが、お身内、またはご自分にもしもの事は、おこります。

高額の葬儀で後悔されないように、事前準備を強くおすすめします。

 

事前の準備で格安葬儀社

 

葬儀はみなさん高額だということはご存知かと思います。

それは今でも変わりません。

 

もしもの時には精神的にも身体的にもつらい状況になりますので、適当に葬儀社を選んだり、病院の紹介をそのまま受けがちです。

何もわからないまま、葬儀を任せちゃうとどうなると思いますか?

どんどんどんどんグレードがアップして高額になっていくのです。

 

しかし、最近になって、格安でも素晴らしい葬儀社がでてきました。

事前準備をするとこういった葬儀社に依頼する事ができるのです。

 

格安の葬儀社の見積りを取得して他社との交渉も可能になります。

 

以下の方法で格安葬儀社を誰でも探す事が可能です。

→葬儀を誰でも格安料金にする一番カンタンな方法!

 

桐ヶ谷斎場の最安値の葬儀社

 

桐ヶ谷斎場の最安値の葬儀社を紹介します。

 

事前の準備は、やはり時間がないとできません。

時間がどうしても取れない方もいらっしゃいます。

 

高額な葬儀で後悔しないように、ぜひご覧ください。

→これだけ安いとウソかも?驚愕の格安葬儀社!

 

 

Sponsord Link