お通夜や葬儀の服装!アクセサリーは禁止!?

通夜や葬儀の服装のマナーは?

アクセサリーは禁止なのでしょうか?

 

Sponsord Link

 

桐ヶ谷斎場の家族葬を例に、お通夜や葬儀の服装、アクセサリーについてまとめてみました。

 

お通夜や葬儀の服装

お通夜や葬儀の服装は基本的に喪服です。

桐ヶ谷斎場の家族葬や葬儀をみても、喪服以外で来ている大人は、誰もいません。

 

私の知る限り、99.9%くらいは喪服ではないでしょうか。

 

男性の喪服

男性の喪服は、黒のスーツです。

黒の靴、黒の靴下、白いシャツに黒ネクタイとしましょう。

 

女性の喪服

女性の場合、喪服の種類もいろいろあります。

ですので黒であれば、華美な物でなければ、どんなカタチの服でも、あまり問題ないでしょう。

黒のカバン、黒い靴、黒のストッキング、シャツを着る場合は白、が望ましいでしょう。

 

子供の服装

子供の服装は、学生で制服があれば、制服であることがほとんどです。

制服がない場合は、地味目の服であれば問題ないでしょう。

靴もなるべく地味目のものにしましょう。

 

アクセサリー類

男性も女性も結婚指輪はつけていてOKです。

 

男性の場合は、基本、アクセサリーはいっさい、つけない事が望ましいです。

 

女性の場合は、真珠のネックレスや、真珠のイヤリングをつける事が一般的です。

華美な物や、光沢の出るアクセサリーは、つけないようにしましょう。

 

葬儀の服装、アクセサリー・・・それともう1つ・・

葬儀の服装とアクセサリー、参考になったでしょうか。

お役にたてれば幸いです。

 

それともう1つ、みなさんにお伝えしたい事があります。

将来的には、みなさんにも関わってくる大事な事です。

 

葬儀業界では、いま、葬儀離れという、大問題に直面しています。

 

葬儀費用が高くて葬儀ができない

葬儀費用が高くて葬儀をしたいと思わない

葬儀費用があまりにも高かったので、もうやらない

 

このように葬儀をする人がどんどん減っているのです。

この方々が葬儀をしたくない、できない理由は葬儀費用が高すぎるからです。

その価値にみあっていないと思っているからです。

 

ではこの問題、どうやったら解決できるのでしょうか?

そうです。

低価格にして良い葬儀が世の中にあればいいのです。

 

実は低価格で素晴らしい葬儀社はあります

実は低価格で素晴らしい葬儀社はあります。

 

基本的にまわりを見てみると、高額な葬儀社ばかりです。

ですがそれは、仕方がない部分もあるのです。

日本では伝統的に葬儀は高いのです。

それが当たり前のなのです。

 

しかし、格安で良い葬儀社も存在し、それをうまく利用している人達もいるのです。

 

格安で良い葬儀社はどこに?

 

では格安で良い葬儀社はどこにあるんでしょう?

どうやって探せばいいのでしょうか?

 

これは、一般の人々にとっては大変、難しいことです。

ですが、方法さえ知ってしまえば・・・

そうです。以下の方法で簡単に探す事ができるのです。

→葬儀を誰でも格安料金にする一番カンタンな方法!

 

桐ヶ谷斎場の格安葬儀社

 

格安葬儀社を探す時間がない!

とにかく格安葬儀社を知りたい!

 

という人もいると思います。

以下に、プロからも依頼される桐ヶ谷斎場の格安葬儀社を紹介します。

→これだけ安いとウソかも?驚愕の格安葬儀社!

 

 

Sponsord Link