家族葬の案内文!これで解決!

家族葬の案内文・・どうすればいいのでしょうか?

失礼な対応はしたくないし・・・

 

Sponsord Link

 

ご安心ください。

これで解決できます。

ぜひ、ご覧ください。

 

家族葬の案内文

家族葬の案内文ですが、通知するタイミングにより、大きく2パターンに分かれます。

 

簡単に言うと、家族葬を行う前か、それとも後か、ということです。

それぞれ、メリットやデメリットがありますので、詳しくみていきましょう。

 

家族葬を行う前の案内文

以下は家族葬を行う前の案内文です。

 

家族葬の案内文

このたび、父 ○○ ○○儀  病気療養中のところ、○月○日に○○歳にて永眠いたしました。

ここに生前のご厚誼に深謝し、謹んでご通知申し上げます。

つきましては故人の遺志により葬儀は近親者のみで家族葬を執り行います。

誠に勝手とは存じますが、会葬はご辞退させていただきます。

 

家族葬を行う前の案内文の注意点

家族葬を行う前に案内文を通知する場合・・・

すべての人にこの通知が行きわたらない可能性があります。

 

その場合、人づてに葬儀の事を聞いて、会葬に来てしまったり・・・

香典を書留で送ってきたり、生花を出してくれたり・・・

とうれしい事なのですが、想定外の事で、対応不足になってしまったりします。

 

事前にお伝えする感謝の気持ちは大事ですが、予期せぬ事態には注意が必要です。

 

家族葬が終わった後の案内文

以下は家族葬が終わった後の案内文です。

 

家族葬の案内文

父 ○○ ○○儀 ○月○日に○○歳にて永眠いたしました。

本来であれば早速お知らせ申し上げるべきところでございましたが、ご通知が遅れましたことを深くお詫び申し上げます。

尚、葬儀は故人の遺志により、○月○日、家族葬にて相済ませました。

ここに謹んでお知らせ申し上げますとともに、生前中賜りましたご厚誼に心よりお礼申し上げます。

 

家族葬を終わった後の案内文の注意点

家族葬が終わった後に案内分を通知する場合・・・

葬儀に予期せぬ参列者が来てしまったり、香典が来てしまったりなどの、予期せぬ事態はほとんどおこらないので、平穏無事に家族葬が終えられる事が多いですが・・・

 

一方で、なぜ知らせてくれなかった・・・

などのクレームなどが来る場合もあるので注意が必要です。

 

家族葬の案内文 まとめ・・・あともう1つ・・

家族葬の案内文、2種類のパターンがあること、おわかりいただけたでしょうか?

お役にたてたなら幸いです。

 

ここであともう1つ皆様に伝えたい事があります。

みなさんにもいずれ、深く関係してくる事だと思います。

 

実はいま、日本社会は深刻な葬儀が離れに陥っています。

 

葬儀をする人が少なくなってきているのです。

その原因は・・・・葬儀の費用が高すぎるのです!!

 

葬儀が高すぎて、そもそも葬儀ができない人もいます。

高額な葬儀に価値を感じず葬儀をしない人も・・・

一回目の葬儀が高すぎて、二回目はしないという人も多いのです。

 

大切な人の葬儀もできない社会は間違っています。

ではどうすれば・・・

 

安くて素晴らしい、誰でもできる葬儀にすべきなのです。

 

安くて素晴らしい誰にでもできる葬儀・・

 

安くて素晴らしい誰にでもできる葬儀・・・

実はすでにあるのです。

 

知っている人は、安くて安心の葬儀をしています。

ぜひ、大事な人の葬儀ができるように、ご参考にしてください。

→葬儀を誰でも格安料金にする一番カンタンな方法!

 

調べる時間が取れない人も・・

 

調べる時間がない人はどうすればいいのでしょうか?

 

調べる時間がない人のために・・・

桐ヶ谷斎場で低価格で親切な葬儀社を紹介します。

とても評判の良い葬儀社なので、ぜひご参考に・・

→これだけ安いとウソかも?驚愕の格安葬儀社!

 

 

Sponsord Link