直葬の流れが簡単にわかる!家族葬とどっちが正解?

直葬の流れが簡単にわかる!

家族葬とどっちが正解?

Sponsord Link

桐ケ谷斎場の家族葬と直葬を例に、どっちが正解かみていきましょう。

 

直葬と家族葬の違い

直葬と家族葬の違い、を簡単にいうとするならば・・・

葬儀式をするかしないかです。

 

家族葬は、儀式を行った後、火葬します。

直葬は、儀式を何も行わず、火葬だけ行います。

 

直葬の流れ 一発でわかる!

直葬の流れが一発でわかります!

①ご逝去
②ご遺体搬送
③火葬の日時予約
④火葬日時に火葬場へ
⑤火葬後にご収骨

儀式は行われず、火葬のみを行います。

火葬時間はおよそ1時間くらいで、その後、15分ほど収骨を行い終了となります。

 

家族葬の流れ

家族葬の流れは、以下のようになります。

①ご逝去
②ご遺体搬送
③葬儀場、火葬場、宗教者の予約
④葬儀の打合せ(日程、内容など)
⑤お通夜
⑥告別式 出棺
⑦火葬
⑧収骨

一般的な葬儀や家族葬は2日間にわたり、執り行われます。

告別式と火葬が行われる、前日の夜に、お通夜が執り行われます。

 

費用は・・・

直葬と家族葬ですが、費用はどのくらいの差があるのでしょうか?

 

家族葬の場合は、儀式を行います。

ですので葬儀場も借りなければいけませんし、祭壇などの葬儀の準備も必要となります。

 

それを考えると場合にもよりますが、30万円から50万円くらいは、家族葬のほうが高くなるでしょう。

 

直葬で後悔

直葬と家族葬、どちらの方がよいのでしょうか?

どちらかというと、直葬を選んだ場合に、後悔したという話を聞きます。

それはなぜなのでしょうか?

 

直葬は、少しあっけない感覚があるのでしょう。

儀式も何もせず、火葬場に集合したら、すぐに火葬して、その後、ご収骨。

ポカーンとしてしまうんでしょうね。

 

格安の家族葬

私としては、直葬で後悔するより、やはり家族葬を選びます。

直葬を選ぶ理由の1つに、やはり費用が安いという事もあると思います。

 

なので、ここでは、とても役立つ情報をお伝えしたいと思います。

一般的な直葬の費用とあまり変わらないような費用で家族葬を行う会社があるのです。

ぜひ、ご確認ください。

 

直葬と変わらない格安家族葬

 

ここで直葬と変わらないような費用で家族葬を行ってくれる葬儀社を紹介します。

設備が整っている桐ケ谷斎場に特化することで、格安の家族葬を実現しています。

 

どうぞ、ご確認ください。

→これだけ安いとウソかも?驚愕の格安葬儀社!

 

メール相談が無料です。

 

最初は、どうしても電話の相談が苦手という方も多いです。

ですので、最初はメールのご相談が増えています。

もちろん無料なので、お気軽にご連絡ください。

→最初はメールで無料相談をご希望の方はコチラ

 

Sponsord Link