葬儀場と斎場の違い!知ってないと損する?

葬儀場と斎場の違い!

知ってないと損する?

 

Sponsord Link

 

斎場と葬儀場の違いを知らないと何を損するのでしょうか?

桐ケ谷斎場の家族葬を例に、違いについて、みていきましょう。

 

斎場とは・・

斎場とは、いったいなんでしょうか?

斎場の意味を調べると、「葬式を行う場所」「祭祀を行う清浄な場所」などとあります。

 

しかし、現代社会では、斎場とは葬儀・葬式を行う場所というのが一般的でしょう。

そして、斎場は火葬場を兼ねている場所が多いです。

 

なので、現代社会での斎場の意味は、「葬儀場と火葬場を兼ねていて葬儀のすべてが行える総合斎場」と考えてもよいでしょう。

※場合によって、斎場という名前ですが、葬儀場だけしかない場所もあります。

 

桐ケ谷斎場は、火葬場と葬儀場が同じ建物内にあります。

 

斎場は利便性がかなり高い

斎場は、葬儀場と火葬場を兼ねているので、かなり利便性が高いです。

 

葬儀場だけの場合は、葬儀告別式が終わった後に、火葬場へ移動しなければなりませんね。

マイクロバスを準備して、霊柩車も準備して、宗教者のハイヤーも準備して・・・

 

乗る準備の時間もかかれば、乗り込む時間もけっこうかかります。

火葬場までの道のりが30分くらいかかることも、普通にあります。

火葬して収骨して、また戻ってきて食事・・・

もうみなさんクタクタですよね。

 

火葬場も同じ建物内にある葬儀場、つまり斎場について考えてみてください。

移動が必要なくなるので、車両は準備する必要がなく、費用もかなり削減できます。

 

また移動の時間がなくなると高齢者や小さいお子様の負担も減りますので、参列しやすくなりますね。

 

斎場は無料の駐車場が多数

また、斎場は葬儀場と火葬場も兼ねている大規模な施設なので、ほとんどの場合で無料の駐車場がたくさんあります。

 

パーキングのような有料の駐車場ではないので、遺族も親族も費用は必要ありません。

遺族・親族が駐車場がたくさんある斎場に集合して、そこでまた解散するだけなので、みなさん安心です。

家族葬なら遺族・親族が集まるだけなので、最適ですね。

 

車で安心して来場できれば、高齢者も小さいお子様も、大事な葬儀に参列しやすくりますね。

 

斎場は便利なうえに費用も節約できるのです

斎場は便利なうえに、様々な設備も整っているので、費用の節約になるのです。

これだけ便利なのに、斎場を利用しない事じたい、損しているようなものです。

 

最後に注意点として、斎場を利用する場合も、もちろん葬儀社には依頼しなければなりません。

 

葬儀社の正しい選び方

葬儀社の正しい選び方・・・・

それは、安くて良い葬儀社を選ぶことです。

 

失敗パターンは、高額なのに対応も悪い葬儀社です。

いまだに、そういった葬儀社は多いので気を付けましょう。

 

安くて良い葬儀社を選ぶには、安心して以下を参照してください。

葬儀社紹介のプロのサイトです。

→葬儀を誰でも格安料金にする一番カンタンな方法!

 

桐ヶ谷斎場で一番安い葬儀社

桐ケ谷斎場で以下の葬儀社より安い葬儀社を私は知りません。

ぜひ、参考にしてください。

評判も良い葬儀社です。

→これだけ安いとウソかも?驚愕の格安葬儀社!

 

なんにせよ相談が一番

葬儀においては、なんにせよ、相談が一番です。

事前の相談をすることで、良い葬儀ができるのです。

ぜひ、無料相談をご利用ください。

→最初はメールで無料相談をご希望の方はコチラ

 

Sponsord Link