すぐに必見!港区民が自己負担0円で葬儀をする方法!

すぐに必見!

港区民が自己負担0円で葬儀をする方法!

Sponsord Link

港区から近くて有名な斎場の1つに桐ケ谷斎場があります。

桐ケ谷斎場の葬儀において、自己負担0円で葬儀をする方法、について確認していきましょう。

 

自己負担0円で葬儀は本当に可能?

自己負担0円で本当に葬儀ができるのでしょうか?

にわかに信じられないですよね。

 

ですが、自己負担0円で葬儀ができる人もいるのです。

条件はありますが、間違いなくできるのです。

 

最低限の葬儀は可能!

ある条件を満たせば、自己負担0円で最低限の葬儀が可能となります。

注意してほしいのは、最低限の葬儀ということです。

最低限の葬儀とは、お通夜や告別式を行わず、火葬だけを行う直葬という葬儀形式です。

 

国の税金で葬儀を行う事になるので、華美な葬儀はできません。

あくまでも最低限の葬儀となるのです。

 

葬儀ができる条件とは・・・

それでは、自己負担0円で最低限の葬儀ができる条件とは・・・

まず最初の条件は、故人が生活保護受給者ということです。

 

そして、2つ目の条件は・・・

故人に貯蓄や資産がないことです。

貯蓄や資産があれば、それを葬儀代にできるからです。

 

また、それに付随する条件として、配偶者や子供にも、資産や貯蓄がない場合に限ります。

配偶者や子供に資産や貯蓄があれば、基本的には、葬儀代は負担してもらうことになります。

 

故人の配偶者や子供に余裕がない場合は、自己負担0円で葬儀が可能となるでしょう。

 

上乗せはできない・・・

たとえば、最低限の葬儀費用を受給して、最低限の葬儀費用に上乗せをしてお通夜や告別式を行う、ことは基本的に禁止されています。

遺族が出す上乗せ分で最低限の葬儀ができる、とみなされるからです。

 

あくまでの、自己負担0円で葬儀を行う場合は、最低限の葬儀が条件となります。

 

生活保護に詳しい葬儀社

生活保護者の自己負担0円の葬儀の場合でも、葬儀社に依頼しなければなりません。

葬儀社はどこでもかまいませんが、生活保護の葬儀になれている葬儀社がよいでしょう。

 

以下の葬儀社は桐ケ谷斎場における生活保護の葬儀のプロです。

ぜひ、ご確認ください。

→葬儀を誰でも格安料金にする一番カンタンな方法!

 

この葬儀社は桐ケ谷斎場に特化していますので家族葬も、最安値級の安さです。

生活保護の葬儀費用を受け取らなくても、どうしても家族葬を行いたい、という場合は、この低価格で素晴らしい葬儀社で行えば安心でしょう。

 

事前相談はしたほうが安心

 

生活受給者の自己負担0円の葬儀を行うために、事前に相談を行いましょう。

いざというときに、あせらないためにも、ぜひご相談ください。

 

フリーダイヤルで無料相談

0120-81-9494

→最初はメールで無料相談をご希望の方はコチラ

 

Sponsord Link