葬儀で補助金?港区から出るって本当?

葬儀で補助金?

港区から出るって本当?

Sponsord Link

葬儀や家族葬を行うと補助金が出るのでしょうか?

桐ケ谷斎場の家族葬を例に、補助金について、みていきましょう。

 

葬儀の補助金とは・・・

葬儀をすると補助金を受給する事ができます。

健康保険に加入していた人であれば、補助金を受け取る事ができます。

 

日本国民のほとんどが、何かしらの健康保険に加入しているので、ほとんどの人がもらえるはずです。

 

健康保険

健康保険には種類がいくつかあります。

●国民健康保険

●後期高齢者医療制度の健康保険

●社会保険の健康保険(協会けんぽ、組合健保、共済組合など)

 

これらに加入していれば、葬儀を行ったあとに補助金が受け取れます。

 

港区がくれるの?

では葬儀の補助金は港区がくれるのでしょうか?

はい、そうです。

 

港区民の場合、港区が補助金を出してくれます。

しかし、それは加入している健康保険が、国民健康保険または後期高齢者医療制度の場合です。

 

加入している健康保険により、支給してくれるところは運営先になります。

社会保険の健康保険の場合は、その運営先から支給されるのです。

 

あくまでも葬儀後

葬儀の補助金は、あくまでも葬儀が終わった後に、葬儀を行った証拠を申請して受給できるものです。

葬儀の前にもらえるものではありませんので、ご注意ください。

 

受給金額はみな同じ

受給金額は、同じ自治体の地域に住んでいて、同じ保険の種類の場合は、受給金額はみな同じです。

 

しかし、入っている健康保険の種類が違う場合、住んでいる自治体のエリアが違う場合は、それぞれで金額が異なることもあります。

 

申請期限がある

葬儀の補助金は、申請の期限があります。

故人が亡くなった日から、いついつまでに申請してください、といった期限が設けられており、期限が過ぎると、いかなる理由があろうと、もう受給できません。

 

葬儀にかかった費用

葬儀にかかった費用は、特に受給される補助金の金額に影響はありません。

 

たとえば、同じ保険に加入していて、同じ自治体のエリア住んでいる場合で、

Aさんは、葬儀に500万円

Bさんは、葬儀に20万円

かかったとして、それぞれ、葬儀費用がぜんぜん異なりますが、支給される葬儀の補助金は同じ金額です。

 

受給費用が同じなら・・・

葬儀の補助金、葬儀費用がいくらであろうが同じなら・・・

安くていい葬儀や家族葬がいいですね。

 

それなら、ここで探すのが一番も近道です。

→葬儀を誰でも格安料金にする一番カンタンな方法!

 

桐ヶ谷斎場でもっとも安い家族葬で補助金

桐ケ谷斎場で安くて良い家族葬をおこなって、補助金がもらえれば、いうことないですよね。

ぜひ、ご確認ください。

→これだけ安いとウソかも?驚愕の格安葬儀社!

 

事前相談を行ってください。

事前相談を行ってください。

後悔している方々のほとんどは、事前相談をしていません。

 

ぜひ、ご利用ください

フリーダイヤルで無料相談

0120-81-9494

 

増えています。無料のメール相談!

→最初はメールで無料相談をご希望の方はコチラ

 

Sponsord Link