現代社会に適している一日葬!話題で急増中!

現代社会に適している一日葬!

話題で急増中!

Sponsord Link

桐ケ谷斎場の一日葬を例に、話題の一日葬について、詳しく確認してみましょう。

 

一日葬の説明

まずは知らない方もいると思うので一日葬の説明からしていきたいと思います。

一日葬とは、ここ数年で話題になってきている葬儀形式です。

 

通常の葬儀は、お通夜から告別式と2日間にわたるスタイルが一般的ですが、一日に省略して行うのが一日葬です。

省略するのはお通夜のほうで、告別式1日だけで葬儀を行います。

 

お通夜1日だけという一日葬はありません。

なぜかというと、お通夜は夜に行われるものです。

 

火葬は夜はできませんので、火葬がお通夜の次の日になってしまいます。

ということは、葬儀が2日にわたってしまうわけで、一日葬にならないからなんですね。

 

現代社会に適していて話題に

現代社会に適していると話題に・・・

一日葬はどんな部分で、現代社会に適しているのでしょうか・・・

 

●一日だけの拘束で済む

●葬儀費用が安くなる

 

●一日だけの拘束で済む

一日葬の場合、葬儀で拘束されるのが一日だけです。

会社員は、ただでさえ休むのが難しいのが日本社会です。

 

2日間の拘束が1日になるだけで、みなさんの負担が軽減されるのです。

 

●葬儀費用が安くなる

コスパという言葉が表しているように、日本社会はいかに安くて良くできるか・・・

みたいな部分があり、それにみなさん価値を見出しています。

 

一日葬は費用安くなるので、安くて良い一日葬に価値があると判断される人が多いようです。

 

一日葬にデメリットも

しかしながら、一日葬も良い部分ばかりではなく、デメリットもあります。

一般葬には、どちらかというと、むいていません。

 

一日葬の場合だと、告別式のあと、すぐに火葬となりますので、一般の人の参列やお焼香には時間的な制限がかかってしまいます。

なので、それなりの参列者が見込まれる場合は、一日葬は難しいでしょう。

 

また、一日葬は宗教的には、正式に認められている葬儀形式ではありません。

宗教者から、一日葬はできません、と言われれば、通常の2日間の葬儀を行うしかありません。

 

選ぶときは慎重に・・

ですので、一日葬のメリット・デメリットを見極めて、自分の場合は適しているのかどうか・・・

選ぶときは慎重に検討してください。

 

一日葬も葬儀社選びは重要

また、一日葬でも葬儀社選びは重要です。

どんな葬儀形式でも、安くて良い葬儀社もあれば、高額でサービスの悪い葬儀社もあります。

 

いまはインターネットの時代であり、安くてサービスの良い葬儀が当たり前になっています。

高額な葬儀社はおすすめしません。

 

低価格で素晴らしい一日葬

低価格で素晴らしい一日葬を選ぶなら、大手ネットの葬儀社紹介会社が現代の主流です。

全国の安くて素晴らしい葬儀社と提携しており、相談するとすぐに葬儀社を手配してくれます。

 

ネットの葬儀の場合、公平な価格競争が起きますので、現代社会の低価格な葬儀、適正価格になっていますので安心なのです。

逆に、ネットと関係ない、地元で決まっている葬儀社や、病院や警察からの紹介された葬儀社など・・・

高額な葬儀の可能性がありますので、気を付けましょう。

→葬儀を誰でも格安料金にする一番カンタンな方法!

 

桐ヶ谷斎場で最安値レベルの葬儀社

桐ケ谷斎場で最安値レベルの葬儀社なら、こちらをみてください。

安い中でも、トップレベルの安さの葬儀社です。

 

しかも、口コミや評判も良いのでぜひ、料金を他社と比較してみてください。

→これだけ安いとウソかも?驚愕の格安葬儀社!

 

事前準備をしておきましょう

なんでも事前準備をしておくほうが、安心です。

突然の対応では、うまくいくものも、いかなくなる事もありますので・・・

 

フリーダイヤル無料相談

0120-81-9494

 

無料メール相談が急増中

→最初はメールで無料相談をご希望の方はコチラ

 

Sponsord Link