急増している一日葬!誰でもスグにわかる!デメリットの確認はコチラ!

急増している一日葬!

誰でもスグにわかる!

デメリットの確認はコチラ!

Sponsord Link

今、話題の一日葬ではありますが、注意しないといけない部分もあります。

一日葬にもデメリットがあるからですね。

 

誰でも簡単にわかるように、桐ケ谷斎場の一日葬を例に、デメリットについてみていきましょう。

 

一日葬って?

まずは最初に一日葬について、簡単に説明していきたいと思います。

一日葬とは、現代社会のニーズに合わせて半分に短縮されている葬儀です。

 

通常の葬儀は、お通夜から告別式と2日間に渡り行いますが、一日葬はお通夜を完全に省略して告別式の1日だけで行う葬儀です。

 

家族葬とは違うの?

最近、話題の一日葬ですが、よくある質問で、家族葬とは違うの?という質問があります。

実は、一日葬は、家族葬でもある場合と、家族葬でない場合があります。

 

家族葬とは、家族や親族だけで行う葬儀ですよね。

一日葬も、家族や親族だけで行えば、一日葬の家族葬なのです。

 

なぜ増えているのか?

なぜ一日葬は増えているのか・・・

増えている理由はただ1つです。

 

現代社会のニーズに合っているからです。

現代社会のニーズは、一日葬のメリットでもあります。

 

一日葬のメリット

一日葬のメリット

●拘束時間が短い

●費用も安い

 

お通夜と告別式の2日間が一日だけになるので拘束時間が短くなります。

会社を休みにくい日本の現代社会にはとても適しているのです。

 

また1日だけになるので、葬儀の費用も安くなります。

効率的よく安く、というのはまさに現代社会のニーズそのものですね。

 

これらのメリットが現代社会のニーズにマッチしているのです。

 

一日葬のデメリット

一日葬にはデメリットもあります。

一日葬は、実は大規模な葬儀には適していません。

 

なぜかというと、一日葬の場合、告別式の後は出棺して火葬という段取りが決まっています。

なので、一般の人の焼香の時間も、かなり制限されてしまいます。

 

100人以上の一般の人が来場するような場合、時間がなさすぎて焼香ができない、なんていうトラブルも起きかねないのです。

 

また、一日葬は、宗教的に正式な葬儀ではありません。

なので檀家さんがお寺さんから、一日葬はできません、と言われればできませんので、ご注意ください。

 

自分の場合に適しているか確認

ご自分の場合、一日葬が本当に適しているのか、必ず確認しましょう。

 

一日葬も高い安いがある

一日葬に決めたあとは、最後に葬儀社選びが重要です。

一日葬も葬儀社によって、費用がぜんぜん違います。

 

おどろくほど高額な葬儀社もあります。

正しい方法で葬儀社を探せば、低価格で素晴らしい葬儀社が見つかりますので、ぜひご確認ください。

→葬儀を誰でも格安料金にする一番カンタンな方法!

 

桐ヶ谷斎場でおススメの一日葬

桐ケ谷斎場で一日葬なら、安くて有名な葬儀社があります。

 

かなり評価も高くリピーターも多い葬儀社です。

ぜひ、ご覧いただき、他社と比較してみましょう。

→これだけ安いとウソかも?驚愕の格安葬儀社!

 

事前相談が重要

突然では、上手くいく事がいかなくなってしまう場合もあるでしょう。

確実に低価格で良い葬儀にするためには、事前の相談がおススメです。

 

フリーダイヤル無料相談

0120-81-9494

 

無料メール相談

→最初はメールで無料相談をご希望の方はコチラ

 

Sponsord Link