一日葬の時間!こんなに短縮できるの?選ばれるのが納得!

Sponsord Link

一日葬の時間!

こんなに短縮できるの?

選ばれるのが納得!

Sponsord Link

桐ケ谷斎場の一日葬を例に、一日葬の時間について、確認していきましょう。

 

まず最初に、一日葬とは・・・

まず最初に、一日葬について、詳しく知らない人もいると思いますので簡単に説明いたします。

一日葬とは、まさに言葉の通り、一日で行う葬儀です。

 

通常の葬儀や家族葬は、ご存じの通り、お通夜を行って次の日に告別式と2日間かけて行われます。

一日葬とは、通夜を完全に省略して、告別式だけの1日で行う葬儀や家族葬のことを言います。

 

一日葬の時間

一日葬の時間をわかりやすく説明するために・・

通常の葬儀と比較してみましょう

 

通常の葬儀の流れ

それでは桐ケ谷斎場の通常の葬儀や家族葬の一例をみてみましょう。

 

通常の葬儀や家族葬の流れ

一日目:お通夜
午後4時半ごろ 遺族来場
午後6時~7時 通夜式
午後7時~ 通夜ぶるまい
午後8時半ごろ終了

二日目:告別式
午前9時ごろ 来場
午前10時~11時 告別式
午前11時~12時 火葬
午後12時~ ご収骨
午後12時半~ 会食
午後2時ごろ終了

 

一日葬の流れ

次に桐ケ谷斎場の一日葬の一例をみてみましょう。

一日葬の流れ

一日目:お通夜
完全省略

二日目:告別式
午前9時ごろ 来場
午前10時~11時 告別式
午前11時~12時 火葬
午後12時~ ご収骨
午後12時半~ 会食
午後2時ごろ終了

 

一日葬の時間はかなり短縮される

一日葬の流れを見ていただければ、わかるように、一日葬の場合は、お通夜は完全に省略されます。

通常の葬儀のお通夜の時間をみてもらえるとわかりますが、お通夜も参列の準備などを考えると一日がかりです。

 

そのお通夜が省略されるのですから、かなりの時間が短縮されます。

お通夜がない分、事前の打ち合わせや準備の時間ももちろん少なくなります。

 

一日葬にするだけで、かなりの時間の短縮となるのです。

 

一日葬は現代人に適している

日本社会のサラリーマンは、なかなか会社を休めません。

ですので、葬儀の場合も時間をとられずに済むのなら、助かる人がたくさんいるのです。

 

また、一日葬は通常の葬儀より費用も安くなります。

コスパ重視が大好きな日本社会にとっては、選ばれるのも当然と言えるでしょう。

 

束縛時間がかなり短縮されるうえ、値段も安い・・・なら、みなさん選びますよね・・・・

 

最後に葬儀社選びについての注意点

最後に葬儀社選びについての注意点を少し・・・

一日葬が安いとはいっても、値段は葬儀社によってそれぞれです。

 

もともとベースが高額な葬儀社は一日葬でも、びっくりするくらい高いのです。

ここで、誰でも安心な低価格で良心的な葬儀社の探し方を伝授いたします。

→葬儀を誰でも格安料金にする一番カンタンな方法!

 

桐ヶ谷斎場の一日葬なら

桐ケ谷斎場で一日葬をご希望の方は・・・

安さの中でもトップクラスに安いのに、評価も高い葬儀社です。

 

ぜひ、ご参考にしてください。

→これだけ安いとウソかも?驚愕の格安葬儀社!

 

事前準備は必ず

葬儀や家族葬の失敗は、ほとんどの場合で、事前に準備をしていないからおこります。

ぜひ、無料相談で安心して葬儀の準備を行いましょう。

 

フリーダイヤル無料相談

0120-81-9494

 

無料メール相談

→最初はメールで無料相談をご希望の方はコチラ

 

(Visited 15 times, 1 visits today)

Sponsord Link